こめかみがはげる原因と改善法

こめかみがはげるのはなぜ?

こめかみがはげる原因は、こめかみのどの辺りがはげてきたのかによって変わってきます。
こめかみがはげている部分を鏡を見てしっかりと確認した上で、こめかみがはげてきた原因を知り、正しい対策を取るようにしましょう。


こめかみのやや上の辺りがはげてきた場合


こめかみがはげてくる原因として圧倒的に多いのが、男性型脱毛症(AGA)です。
こめかみから親指一本分くらい上の辺り、ちょうど剃り込みの部分がはげてきた場合は、男性型脱毛症(AGA)が原因ということになります。


上の図はこめかみのはげとAGAの進行具合を判断する基準となるもので、日本皮膚科学会が定めているものです。
耳の真ん中と頭のてっぺんをつないだ直線と、こめかみがはげて地肌が見えている部分の間の長さを計測してみましょう。

こめかみがはげている部分から直線までの長さが2センチを下回っていたら、AGAは既に始まっているということになります。
AGAとは男性ホルモンが原因となっておこる抜け毛で、一般的に言う男性のハゲがこれにあたります。

男性ホルモンの一種であるテストステロンは、つむじ周辺やこめかみのあたりに多く集まる酵素と結合することで、はげの原因となる脱毛ホルモンへと変化します。
脱毛ホルモンはつむじやこめかみの毛を休止させ、抜け落ちるように指令を出します。
AGAによって起こるこめかみのハゲは、少しでも早く対応することが改善の鍵となります。

⇒⇒AGAでこめかみがはげてきた時の改善方法


こめかみよりも下の辺りがはげてきた場合


こめかみよりも下の辺りがはげてきた時は、AGAよりも血行不良が原因ではげてきている可能性が高くなります。
髪の成長には、髪の根元にある毛母細胞への栄養素の運搬が必要不可欠になりますが、栄養素の運搬を行っているのが毛細血管になります。

血の巡りが良くないと毛母細胞が栄養不足になり、その結果こめかみのハゲへとつながります。
それではこめかみ周辺の血行を鈍らせないためには、どのようなことに気をつければいいのでしょう。

最も気をつけておきたいことは、目を疲れさせないことです。
パソコンやスマホを長時間使用するなどして目が疲れると、目の周りの筋肉が硬直します。

目の周りの筋肉が硬直すると、その付近にある毛細血管を収縮させてしまいます。
こめかみの周りの毛細血管も同様に収縮してしまい、その結果としてこめかみの周辺がはげることになります。

また、肩こりもこめかみの下の辺りがはげることに関係してきます。
目の疲れと同じ理屈になりますが、肩こりは肩のあたり一帯の筋肉を硬直させます。

その筋肉の硬直がこめかみの周辺を走る毛細血管を収縮させてしまい、血行不良によるハゲの原因となります。
このように、筋肉の硬直によるこめかみ周辺の血行不良、それに伴うこめかみ周辺の毛母細胞の栄養不足により、こめかみのハゲは引き起こされます。

⇒⇒血行不良でこめかみがはげてきた時の改善方法


こめかみのハゲを治すには

こめかみがハゲてきた時には、正しい対策を講じることで治すことができます。
何よりも重要なのはこめかみがはげてきたと思ったら、少しでも早く適切に対処することです。
完全にはげてきている状態から髪の毛を再生させるのは大変ですが、こめかみがはげてきた程度であればすぐに対応することでハゲを改善することができます。


AGAでこめかみがはげてきた時の改善方法


こめかみがはげる原因の多くは、男性ホルモンの変異によっておこるAGAです。
男性であれば大人になると誰しもが気になりだすハゲ、年齢と共に始まる男性特有のハゲを毛髪科学や医学的にはAGAと呼びます。

こめかみの少し上のあたりがはげてきたということは、AGAが始まりかけている、もしくは始まったことのサインです。
こめかみの少し上のあたりがはげてきたら、できるだけ早く以下の2つの対策を取るようにしましょう。


5αリダクターゼを抑制する育毛剤を使う


AGAによるこめかみ周辺のハゲは、体内の男性ホルモンとこめかみ周辺にある酵素(5αリダクターゼ)が結合して、脱毛ホルモンへと変異することによって起こります。
AGAによるこめかみ周辺のハゲを治すために最も効果的な方法は、男性ホルモンを脱毛ホルモンへと変異させる5αリダクターゼの活動を抑制することです。

その働きを最も期待できるのが育毛剤、最近の育毛剤は昔とは比べものにならないくらいの進化を遂げました。
こめかみのハゲを治すために育毛剤選びで気をつけたいことは、5αリダクターゼを抑制する成分が含まれているかどうかです。

手頃な価格で買えるそのような育毛剤はいくつかありますが、特におすすめなのはイクオスかチャップアップです。
どちらもこめかみがはげる直接の原因となる5αリダクターゼを抑制する成分が含まれています。

またどちらもハゲの改善効果が無かった時には返金してもらえるので、金銭的なリスクを冒さずに試してみることができます。
イクオスとチャップアップではこめかみのハゲに対する効果はどちらも同程度ですが、イクオスの方が価格が安いのでとりあえずイクオスから試してみると良いでしょう。

イクオス公式サイトはこちら


チャップアップ公式サイトはこちら



亜鉛を多く含む食べ物を食べる


パーソナルトレーニングジムのライザップでは、理想の体をつくるために毎日の食事まで徹底管理します。
こめかみのハゲの改善も体づくりと同じで、髪が強く成長する為に必要な栄養素を集中的に摂ることで、体の内側からこめかみのハゲの改善をサポートすることができます。

髪の毛が強く成長する為に必要な栄養素にはタンパク質やビタミンB群などがありますが、それらは普通の食生活をしていればある程度は摂取できています。
それではこめかみのはげを改善するためには何が必要なのか、その答えはミネラルの一種である亜鉛です。

亜鉛は体内のアミノ酸から髪の毛や爪を生成する役割をする栄養素です。
またイクオスなどの育毛剤と同じく、AGAによるこめかみのハゲの元凶である5αリダクターゼを僅かながら抑制してくれます。

亜鉛は1日に10mg必要とされる栄養素ですが、ほとんどの男性はそれに達していません。
今まで不足していた亜鉛を集中的に摂ることで、こめかみのハゲの改善をサポートすることができます。

亜鉛を多く含む食べ物
カキ・ほや貝・豚レバー・するめ・渡り蟹・牛肩肉・いりごま・カシューナッツ・アーモンド・抹茶

亜鉛はこめかみのハゲを改善するのに効果的な栄養素ですが、含まれている食材が少ない上に調理しづらいものばかりです。
食べ物だけで毎日欠かさず10mg摂取するのが難しいという男性は、ドラッグストアで亜鉛のサプリメントを購入すると良いでしょう。
安いものであれば1ヶ月分が300円程度で購入できます。


以上2点が、AGAでこめかみがはげてきた時の改善方法となります。AGAによるこめかみのハゲは素早い対応がものを言うので、少しでも早く対策を始めましょう。



血行不良でこめかみがはげてきた時の改善方法


目の疲れや肩こりから来る血行不良、それによってこめかみがはげてきた時には血行を促進させてあげる必要があります。


目の疲れ
目が疲れると目の周りの筋肉を酷使してしまい、こめかみ周辺の血行不良を起こします。
それを改善するためには、パソコンやスマートフォンの使用時間を少しでも減らすことが一番です。
仕事などの都合でどうしてもパソコンを見る時間が長い方は、目を疲れさせるブルーライトをカットするメガネやフィルムを利用しましょう。


肩こり
肩こりもまたこめかみ周辺の血行不良の原因となります。
慢性的に肩がこりやすいという方は、日頃からストレッチや軽い運動をすることでこめかみがはげるのを防止できます。
またよほど肩こりが酷いようであれば、整体などで筋肉をほぐしてあげるようにしましょう。


以上が血行不良でこめかみがはげてきた時の改善方法になります。この方法でこめかみのハゲが改善されるには時間がかかりますが、確実な方法ではあるので地道に続けてみることをお勧めします。